【食習慣を変えて虫歯予防】虫歯になりにくい食事の内容・回数・時間

虫歯予防書冊 - ずっと自分の歯を残す為に必要な虫歯予防の書
トップへ戻る
  • 虫歯予防書冊トップへ
  • 虫歯の原因
  • 正しい歯磨きと歯磨き粉の使い方
  • フッ素で虫歯予防
  • 虫歯予防にはガムが効果的
  • 子供の頃から虫歯予防を習慣
  • 食習慣を変えて虫歯予防
  • 虫歯予防には歯石取り・PMTC
  • 歯周病を抑えて虫歯予防
  • 歯科定期健診で虫歯予防

徳島インプラント案内はインプラントセーフティーマークを取得しており、インプラントセーフティーマネージャー資格の認定も受けており、他医院での治療を断られて方やセカンドオピニオンなどの受付も行っております。

【食習慣を変えて虫歯予防】

虫歯予防のため、食習慣を見直しましょう

虫歯は、歯ブラシによるブラッシングや、フッ素などを利用することで予防できますが、完全な予防法というものはありません。

歯に関わる様々な事を改善していくと、少しずつ虫歯を遠ざけることができます。食生活もその一つであり、逆を言えば、歯のケアをいくら頑張っていても、歯に悪い食生活を送ることで、虫歯になりやすくなってしまいます。

虫歯になりやすい食べ物とは

虫歯とは、歯が虫歯菌により溶かされてしまうことで進行していくのですが、実は虫歯菌そのもの、というよりは、虫歯菌が糖分を分解し、作り出された「酸」によって、歯が溶けるのです。

甘いもの

虫歯になりやすい食べ物の筆頭は、虫歯菌が酸を作るために必要としている「甘いもの」に代表される糖となります。

キャンディーやケーキなどのお菓子は、現在は誰もが好きなときに食べられるほど、世間に溢れていますが、これらに不自由していた昔は、虫歯はほとんどありませんでした。地域によっては、虫歯は裕福な証とされる時代もあったほどです。

酸っぱいもの

虫歯になりやすい食べ物は、甘いものだけではありません。意外と知られていませんが、酸っぱいものも当てはまるのです。

虫歯菌が作り出すのは酸ですが、酸そのものを直接口にする事でも、虫歯が進行してしまいます。柑橘系の果物や、酸っぱいジュースなどが当てはまります。

酸により、歯の表面全体が均一に、ゆっくり溶けていく症状は酸蝕歯とよばれ、昔は酸を扱う工場の職員にみられる職業病でしたが、お酢やジュースの大量摂取などにより、今では一般の方からも現れ始めています。

ねばねばと張り付きやすいもの

食べカスが歯に残りやすいため、虫歯となりやすくなります。これらを好む方は、お口のケアを十分に行わなければなりません。

虫歯になりやすい食事のとり方

食事をした後のお口は、歯の溶ける酸性になってしまいます。唾液が中性に戻そうとするのですが、これには時間がかかります。

頻繁に間食をとってしまうと、唾液が口内を中性に戻す間がなく、酸性になっている時間が増えてしまいます。これは虫歯を進行させてしまいますので、食事は朝、昼、晩の3食に限定しましょう。

やはり、途中にお菓子を食べたいという場合は、だらだらと長い時間食べ続けることのないようにしましょう。「3時のおやつ」とは良く言いますが、しっかり時間を決めて食べることはとても大切なのです。

楽しい食事を続けるために、食生活を改善しましょう

もしも、虫歯になりやすい食事に一つでも心当たりがあるのならば、虫歯になりやすくなっているかもしれません。虫歯予防のため、口にする量を減らしたり、ブラッシングなどのケアに気をつけたりするなど、対策を行うことが大切です。

楽しい食事をいつまでも続けるために、健康な歯を保ちつづけましょう。


Copyright (C) 2014 虫歯予防書冊 All Rights Reserved.