【歯科定期健診で虫歯予防】早期発見・早期治療で痛みと出費を抑えて得しましょう

虫歯予防書冊 - ずっと自分の歯を残す為に必要な虫歯予防の書
トップへ戻る
  • 虫歯予防書冊トップへ
  • 虫歯の原因
  • 正しい歯磨きと歯磨き粉の使い方
  • フッ素で虫歯予防
  • 虫歯予防にはガムが効果的
  • 子供の頃から虫歯予防を習慣
  • 食習慣を変えて虫歯予防
  • 虫歯予防には歯石取り・PMTC
  • 歯周病を抑えて虫歯予防
  • 歯科定期健診で虫歯予防

徳島インプラント案内は四国では唯一となる審査機関の資格認定を受け、多くの治療経験や最新設備から高知や香川、愛媛など遠方からの患者様の治療も受けております。

【歯科定期健診で虫歯予防】

虫歯予防のための定期健診

虫歯の治療といえば、ほとんどの場合は歯をドリルで削るという、とても嫌なものとなる可能性が高く、歯科医院へ通院することが、嫌で嫌で仕方ないという方は少なくありませんよね。

しかし、定期健診のために通院することで、嫌な虫歯治療を避けられるかもしれないのです。

定期健診で虫歯予防を

歯科医院では、常に定期健診を受け付けております。

その主な目的は、虫歯や歯周病の有無や進行状況を確認し、それらが認められれば早期のうちに治療をするというものです。定期健診にて行われることは、医院により変わるため、これは一例です。

ブラッシングの確認

ブラッシングは毎日、自分で行わなければなりません。そのため、個人の癖が色濃く出てしまいます。

歯の間や奥歯など、磨きにくい部分まで歯ブラシが届いているか確認します。磨きにくさは、歯並びによっても変わるため、意外な歯が磨けてなかった、ということもあります。

虫歯の確認

ブラッシングを毎日行っていても、虫歯は発生してしまうものです。しかし、早期に発見することができれば、治療はとても簡単です。

また、過去に虫歯治療した歯では、神経が抜かれ痛みを感じないため、虫歯の再発に気付けない事もあるのです。

歯周病の確認

虫歯は、進行すれば痛みとなって現れますが、歯周病はかなり重症化するまで症状が現れにくい、とても厄介な病気であり、重度化してからは治療に時間がかかってしまいます。
歯周病をもし初期状態で発見できれば、すぐに治療を開始する事ができ、治療時間も短く済みます。

噛み合わせの確認

歯の形は人それぞれですが、ただの個人差では済まされないような噛み合わせの問題があれば、虫歯ができやすいだけではなく、しゃべり方や容姿に関わる場合もありますので、歯科医師と相談することをオススメします。

初期の虫歯治療は、痛みはなく費用も少ない

もしも、定期健診により虫歯が発見できた場合、とても幸運な事だと言えます。

虫歯の治療と言えば、患部を削り取るというものです。歯をドリルで削られる事を好む方はいないでしょう。歯医者嫌いな方が多いのも、仕方ないと言えます。

しかし、ごく初期の虫歯の場合は、ブラッシング方法の改善や、フッ素を利用することで治療できる場合があります。つまりドリルで削ることなく虫歯の治療が終わるのです。

特別な器具を使用せず、時間も掛からないため、時間はほとんどかかりません。通院もたった一度で済む場合もあるので、治療費も安く済みます。

小さな頃から歯科医院へ通う習慣を

小さなお子様のいらっしゃる方であれば、ぜひ定期健診のために通院される事をおすすめします。

乳歯は、大人の永久歯とくらべると、とても虫歯になりやすいものです。その後に生えてくる永久歯や、顔の形成に大きな影響を与えることもあります。
定期健診では乳歯の虫歯を未然に防ぐこともできます。

さらには、歯科医院へ嫌がる事なく気軽に通院する習慣を身につけられるため、大人になってからも歯の健康を保ち続けられます。

当院でも、定期健診はいつでも受け付けておりますので、お気軽にお越し下さい。


Copyright (C) 2014 虫歯予防書冊 All Rights Reserved.