【虫歯予防にはガムが効果的】キシリトールガムで唾液を安全に増やす

虫歯予防書冊 - ずっと自分の歯を残す為に必要な虫歯予防の書
トップへ戻る
  • 虫歯予防書冊トップへ
  • 虫歯の原因
  • 正しい歯磨きと歯磨き粉の使い方
  • フッ素で虫歯予防
  • 虫歯予防にはガムが効果的
  • 子供の頃から虫歯予防を習慣
  • 食習慣を変えて虫歯予防
  • 虫歯予防には歯石取り・PMTC
  • 歯周病を抑えて虫歯予防
  • 歯科定期健診で虫歯予防

徳島インプラント案内はオールオン4をはじめとする様々なインプラント治療を行っています。患者様に適した最善のインプラント治療方法をご提案します。

【虫歯予防にはガムが効果的】

唾液とガム、虫歯予防の関係とは?

唾液、ガム、虫歯予防…一見、あまり関係の無さそうな三つですが、実はとても深い繋がりがあるのです。ガムを噛んで、唾液を流せば虫歯予防になるとすれば、これ程簡単なことはないでしょう。

都合の良すぎる話ですが、実は本当なのです。ガムを噛めば、虫歯予防となるのです。

虫歯を抑える唾液の役割

唾液とは、食事の際に重要な役割があります。噛んだ食べ物を胃で消化するための手助けや、飲み込みやすくする手助けをしてくれるのです。

しかし唾液の効果は、それだけに留まりません。歯に残った汚れを洗い流し、虫歯菌が吐き出した酸を中和し、溶かされてしまった歯を復元(再石灰化)させるなど、虫歯から歯を守る効果がいくつもあるのです。

しかし困ったことに、唾液が出るのは、空腹時に美味しそうな匂いを嗅いだ時や、食事の最中に限定されます。食後、虫歯菌によって荒れてしまった歯を守るために唾液が必要なのに、食事中ほどの唾液は出ないのです。

食後、歯を守るために唾液の分泌を促すための、良い方法というのが、ガムを噛むことなのです。

ガムで虫歯予防になるのは本当です

唾液が出るように促す一番の方法は、咀嚼することです。ガムは他の食べ物とは違い、口の中で溶けにくいため、長時間噛み続ける事が可能です。

さらにガムは、歯の表面や、間に残った食べ残しや汚れを吸着し、取り除くことができます。

ガムを食後に噛むことで、汚れを取り除きつつ、まるで食事中であるかのように唾液の分泌を促すことができるため、虫歯予防に効果的なのです。

しかし、ガムに砂糖が含まれていては、あまり意味がありませんので、ガムの選び方に気をつけましょう。

キシリトール入りガムが有効

キシリトールとは、砂糖のように甘みを感じるものですが、砂糖のように虫歯の原因とはならない、夢のような甘味料です。

今は多くの種類のガムが発売されていますが、キシリトール入りのシュガーレスガムが、虫歯の予防として、とても有効なのです。

唾液を減少させないように

ガムを噛むことで唾液を促すことができますが、一方で唾液の分泌を妨げてしまう行為があります。

水分を補給する

唾液は、水分補給を怠るとその量が減ってしまいます。

口呼吸

鼻で呼吸せずに、口で呼吸してしまうと、口内が乾燥します。唾液の量が減りますので、虫歯を加速させてしまうのです。

タバコ

タバコを吸うことで、唾液の分泌量は減ってしまいます。喫煙の習慣をやめることは困難かもしれませんが、虫歯だけでなく歯周病をも進行させてしまいますので、歯にとっては決して良くありません。

ブラッシングは必要です

キシリトール入りのガムを噛むことで、虫歯予防への効果が期待できますが、歯ブラシによるブラッシングをやめてしまっては、意味がありません

生活の合間にガムを噛みつつ、食後のブラッシングを欠かさないようにすることで、初めて虫歯予防は成立します。


Copyright (C) 2014 虫歯予防書冊 All Rights Reserved.